加藤さんの世界新

きのう26日に気仙沼魚市場で開催された「市場で朝めし。」と「産業まつり」は大盛況のうちに終了とのこと。なによりです。関係者の皆様、ご苦労さまでした。

そして先週金曜日にも、気仙沼ではうれしいニュースがありましたね。10月23日、韓国・仁川(インチョン)で開催された「アジアパラ競技大会」の女子砲丸投げで、気仙沼出身の仙台大学3年生 加藤由希子さん(21)が、世界新記録を出したというのです。

砲丸投げ

三陸新報の配信記事の一部イメージ

アジアパラ競技大会は、アジアパラリンピック委員会が主催するアジア地域の障がい者総合スポーツ大会です。加藤さんは、片腕切断・機能障害区分で出場、世界新記録となる12m21をマークして金メダルを獲得しました。円盤投げでも、大会記録を塗り替えて2冠を達成です。

読売新聞の記事によれば、加藤さんは生まれつき左ひじから先がなく、生後6か月から義手を装着しているそうです。しかし、それを不自由と感じたことはなく、明るく前向きな性格。気仙沼中学では陸上部に入り、そこで顧問の先生が砲丸投げを勧めてくれたそうです。気仙沼女高1・2年時には全国障害者スポーツ大会に出場し、2年連続の大会新記録で優勝しました。そして高校2年のときの大震災。家族は全員無事でしたが、幸町にあった自宅は流されたそうです。

三陸新報の記事で、加藤さんはつぎのようにコメントしています。

「世界新での金メダルは本当にうれしい。熱く応援してくれた地元気仙沼、仙台大学関係者の皆さんに深く感謝します。リオデジャネイロ・パラリンピックに向けて、さらに精進していきます」

加藤さん、これまでの努力が報われて本当によかったですね。それと、加藤さんに砲丸投げを勧めてくれた気仙沼中学校の体育の先生もえらかった。そして、親御さんはもちろんのこと、これまで加藤さんを育て、支えてくれた多くの皆さんにも大きな拍手をおくりたいと思います。おめでとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 アジアパラ競技大会 加藤由希子

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示