高すぎる復旧岸壁

台風19号は、本日午前9時に三陸沖で温帯低気圧に変わったとのこと。今朝の東京は風こそ残るものの、見事な晴天です。気仙沼市では早朝の午前4時に市内全域の2万6043世帯、6万7767人に避難勧告を発令されましたが、午前8時には解除されたということです。大きな被害がなければよいのですが。

本日のブログも気仙沼の復旧・復興事業に関して。震災から3年7カ月たった10月11日、TBSが気仙沼大島における復興事業に関するニュースを配信していました。復旧復興事業によってつくられた岸壁が以前より高くなりすぎて作業に支障をきたしているというのです。これは大島だけでなく、唐桑などほかの地区でも以前から指摘されてきた問題ですが、TVニュースでの配信ははじめてのことだと思いますので紹介します。



以下はニュース音声の引用です。

「 宮城県気仙沼市の離島・大島。ホタテなどを養殖する漁師の村上健一さん(76)は、震災を乗り越え徐々に水揚げを増やしています。「(震災の津波で)海の中もきれいになって繁殖率が良くなってきた」(村上健一さん)

そんな村上さんが、頭を悩ませていることがあります。漁港の岸壁が、震災前より高くなり、作業がやりにくくなっているのです。「(岸壁を)復旧してもらったのはありがたいが、不便になった」(村上健一さん)

震災で、宮城県沿岸では地盤が沈下し、気仙沼市では、最大で74センチも沈下しました。気仙沼市は、漁港の岸壁を震災前の設置当初の高さに戻すためかさ上げ工事を行いましたが……。「こちらの岸壁ですが、船に立ちますと、わたしの背丈ほどあります。こちらで上り下りするのは、相当困難と思われます」(記者)

「見た通り高くて仕事できない」(漁師)「(作業中に)海に落ちた人が何人もいる。高くて」(漁師)

その理由について、専門家は地盤の「隆起」が原因と分析しています。「沿岸部で(沈下から)隆起に転じて戻ったところもある」(東北大学大学院 風間基樹教授)
国土地理院によりますと、震災から3年間で沈下した地盤が戻ってきていて、宮城県内では30センチ以上隆起したところもあります。しかし、村上さんはかさ上げ前に、気仙沼市とよく話し合えたなら高い岸壁はできなかったと話します。「(設計図を見て)高いと何回も気仙沼市に申した。現場の話を聞いて作業してくれれば、ありがたかった」(村上健一さん)

これに対して市は、復興を加速させるためだったと釈明します。「早く復旧して利用者の業に寄与したいという部分はあった」(気仙沼市水産基盤整備課 村上雅之課長)

「テーブル上の復興で、本当に使う人の復興でない」(村上健一さん)

 高くなりすぎた岸壁ですが、もう作り直すことはできません。今回の問題は、スピードと丁寧さの両立が求められる復興事業の難しさを象徴しています。」引用は以上。

このニュースでは、震災後の地盤「隆起」を原因として紹介していますが、ほかにも旧岸壁の工事時の高さに単純に戻したのでは、地盤沈下していた震災直前の岸壁よりも高くなるのは当然との見方もあるのです。

この問題については、今年6月の気仙沼市議会定例会(第5日)に大島出身の気高同級生 熊谷雅裕議員が質問して菅原市長と産業部参事の方が答弁しています。そのやりとりは明日紹介しようと思います。本日はこれまで。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 防潮堤を勉強する会 防潮堤

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示