FC2ブログ

夢をかなえる温泉

ホテル観洋の日帰り温泉が再開というニュースがあったので調べてみたら、南三陸の観洋でした。そしてさらに調べてみると、気仙沼ホテル観洋の日帰り温泉はすでに再開していました。

ホテル観洋の「気仙沼温泉」にはちょっとした縁があります。

6年前の2005年に観洋に温泉が出て、その名前を募集したおり、私も応募したのです。ネーミングは私の営業品目でもありますし(笑)。ちょっとお役にたちたいと思ったのです。
私の提案はこうです。すなおな名前は「気仙沼温泉」ですが、この名前だと商標登録は難しいでしょう。ですから、「気仙沼温泉~なになにの湯」としてはいかがでしょうか。たとえばつぎのような案。

・気仙沼温泉「かなえの湯」
「鼎が浦」の名に、「夢を叶える」「夢よ叶え」の意を重ね合わせ、あえてひらがなの「かなえ」にしました。

・気仙沼温泉「けせもいの湯」
「気仙沼」の語源ともいわれる「けせもい」の語を名称に利用。

・気仙沼温泉「気仙の湯」
気仙沼の語の「気仙」を利用した案。「気」とは、生命や心の動き。また「仙」とは仙人の住む地。仙人が愛す温泉のごとく、大いなる気に満ちた天然温泉の意を込めました。本案は、場合によっては「気仙沼温泉」の名称を省くこともできるでしょう。

結局、ホテル観洋の温泉名は「気仙沼温泉」、男湯と女湯の違いを「鼎の湯」と「リアスの湯」とすることになりました。「リアス」は確かにいい名だと思いますが、思いつきませんでした。
参考になりましたということで、2006年1月の開湯記念式へのご招待もいただきました。これには出席できなかったのですが、ごていねいに宿泊券や記念品などを後日頂戴しました。

「夢をかなえる」鼎の湯。今日から、気中20回生にとってはそういう意味ということで。よろしくお願いします。

気仙沼ホテル観洋の日帰り温泉は午前11時から午後4時まで、大人500円、小人200円です。タオルご持参で是非どうぞ。
スポンサーサイト



テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示