FC2ブログ

気仙沼の突きん棒

東京は今日も暑い。予想最高気温は36度!

さて本日はテレビ番組情報。今日放送のNHKテレビのドキュメンタリー「にっぽん紀行」が、気仙沼の〈突きん棒漁〉をとりあげます。

突きん棒
番組ホームページから

◎NHK総合テレビ
◎にっぽん紀行
「もり一本 再び大物に挑む~震災4年目 気仙沼~」
◎8月5日(火)午後7時30分~午後7時55分

以下は、番組ホームページから。

〈 銛(もり)一本で大物魚・メカジキを狙う「突きん棒漁」。この漁にかけてきた漁師たちの復活の物語。
震災から4年目の夏を迎えた宮城県気仙沼市。津波で自らの船を失った紺野幸一さんは、今年ようやく手にした新たな船で仲間の紺野守さんとペアを組み漁に出る。震災前まで隣同士で暮らし、兄弟のように付き合ってきた二人。今は離れた仮設住宅に暮らしているが、海に出ればあうんの呼吸で大物を狙う。銛一本に情熱を傾ける男たちの闘いの夏を見つめる。〉

この〈突きん棒〉は、みなとまつりでの実演が以前はありました。気仙沼市史によれば、1951年の第1回みなとまつりで〈突きん棒漁実況〉として開始されたそうです。

私の記憶では次のような感じ。実演開始の声がスピーカーから流れた後、柏崎の先あたりからエンジンの音も高らかに突きん棒の船が内湾に入ってきます。そして1〜2回ほど湾内を周回した後、エンジンを全開にし、わざとなのかと思うくらいに船を大きく傾けて、海面に浮かぶマグロ(模型)をねらいモリを打ち込みます。エンジンを吹かすときに出る煙突からの黒い煙と内湾に響くドッドッドッドッという音を今でも思い出します。

話は変わりますが、今日の放送では、この〈突きん棒〉をどう読むのでしょうか。気仙沼の人なら〈つきんぼう〉とは言わず〈つきんぼ〉でしょうけれど。「にっぽん紀行」のナレーション録音のときには、スタジオで次のような会話がなされたはずです。

ナレーター「なじょすっぺ。つきんぼだべが」。ディレクター「んだね。そうすっぺし」

はたしてどうなるか。今日の放送が楽しみです(笑)。
スポンサーサイト



テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 突きん棒漁 気仙沼みなとまつり にっぽん紀行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示