気中4回生の寄付

きのう7月9日の三陸新報に〈母校のために〉という小さな見出し。読んでみると、気仙沼中学4回生が母校へ寄付したという記事でした。

sannju
7月9日付三陸新報の記事一部イメージ

記事を引用します。

「気仙沼中学校第4回生が3日、同校に約8万円を寄付した。先日、市内のホテルで開いた傘寿(さんじゅ)を祝う会の会費の中から贈ったもので、生徒会活動で活用する予定。当初は「喜寿」の祝いで同級会を開く予定だったが、震災の影響で80歳を祝う「傘寿」まで集まりを延期。13日に気仙沼プラザホテルで祝う会を開き、95人が旧友と親睦を深めた。吉田大吉さん、岩手範夫さん、小野寺良男さんが学校を訪問。8万1167円を小松康雄校長に手渡した。」

よく知る名前がありました。〈だいきっつぁん〉こと吉田大吉先生。3年6組の担任でもありました。岩手範夫さんは、南町煎餅坂の岩手園茶舗のご主人だと思います。

大吉先生は、一昨年の春に42年間の教育功労をみとめられ瑞宝双光章を受章しています。このブログでも紹介しましたが、受章を伝える新聞記事で大吉先生は、気中時代の思い出として〈全校生徒2000人での運動会〉〈大型バス14台を連ねての修学旅行〉などをあげています。たぶん先生が30歳ぐらいのころの思い出です。

それにしても、80歳の同級生が95人も集まったとは。なかなか元気な気中4回生。私たちもやりましょうか、傘寿の会。16年後だけど(笑)。

2012年5月14日ブログ「大吉先生の受章」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 吉田大吉

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示