FC2ブログ

マンモス校の現在

きのう7日のブログに頂戴したコメントの中に、〈子育て世代の流出のあらわれか、気小の新入生は35人を切り1学級だったとか〉とありました。たしかにこの春、そんな話をきいて驚いたような気もします。

7月8日ブログ「仮設暮らしの延長」(下部にコメント)

気仙沼小学校の児童数をネットで調べてみたら、今年度の数字は見当たらなかったものの、2012年度と2013年度の生徒数がわかりました。まずはグラフから。

気小児童数
学校教育情報サイトGACCOMより


児童数の減少傾向がはっきりとわかりますね。2013年度の実数も記しておきましょう。1年55人、2年45人、3年61人、4年46人、5年81人、6年92人です。1〜4年が2学級、5〜6年が3学級。全児童数は380人。これに特別支援2学級の5人が加わります。なお、気仙沼小学校と南気仙沼小学校が統合されたのは2012年4月ですから、これらの数字は南小の約200人が加わってのものなのです。

私たちが気仙沼小学校に通っていたころは、児童数3000人の〈マンモス校〉と呼ばれていました。気小6年のときの後期児童会長(前期は門馬亨君)だったので、校庭に置かれた台(朝礼台というのだそうです)にあがって挨拶する機会が何度もありましたが、校庭いっぱいに広がる生徒の群れはまさに壮観でした。ちなみに児童会の名は〈安波会〉。

ブログへのコメントの主旨も、児童・生徒数が少なくなった気小や気中をそのままにしておかず、その敷地を復興に活用できないかということのようです。気小児童数減少のグラフを見ていると、〈それもありか〉という気にもなってくるのです。

あの〈マンモス校〉も今ではすっかり小さくなっちゃって。まさに半世紀前の、記憶の中だけにある風景となりました。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼小学校 気仙沼中学 マンモス校

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示