FC2ブログ

グーグルの海の道

きのう6月18日に発表されたグーグル(Google)社「海からのストリートビュープロジェクト」には本当に驚き、そして感心しました。

グーグルの〈ストリートビュー〉については説明不要と思いますが、今回のプロジェクトは、三陸海岸の景観を海から撮影するというのです。グーグルジャパン社の公式ブログから発表内容を以下に引用します。

「Google では、2011年から東日本大震災で地震・津波の大きな被害を受けた地域をストリートビューで撮影、その被災の様子をパノラマ画像で記録する「東日本大震災デジタルアーカイブプロジェクト」を行っています。今回の「海からのストリートビュー」は、2011年から続く取組みの一環として、陸からのストリートビューに加え、新たに海側から三陸海岸を撮影します。

グーグル
グーグルジャパン公式ブログからの写真

「海からのストリートビュー」は、三陸海岸の田老、釜石、大船渡、陸前高田、気仙沼、南三陸、石巻、松島・塩竈エリアを中心に撮影する予定で、撮影期間は数カ月程度を予定しています。撮影は、船からの撮影用に新たに開発した「船上トレッカー」を使用。今回は、通常のGoogle のストリートビューオペレーターによる撮影に加え、東北地方で地域に根ざした様々な活動をされているコミュニティの方にストリートビュー撮影機材「トレッカー」を無償で貸し出し、上記のエリアを撮影します。公開は来年初頭を予定しています。」

以上が発表の基本内容。そして驚いたのはつぎの一節。

〈第一弾として本日より、「東北ツリーハウス観光協会」の事務局長 斉藤道有さんが気仙沼、唐桑半島エリアの撮影を開始します〉

気仙沼市沿岸の撮影は、八日町のマルト齊藤茶舗の道有さんが担当するというのです。道有さんは、このブログでもたびたび紹介しています。東北に100のツリーハウスを造ろうという〈100のツリーハウス〉や、震災の年から例年行っている〈3月11日からのヒカリ〉など、様々なプロジェクトで中核メンバーとして活動しています。〈気楽会〉メンバーのひとり。宮城教育大学で美術を学んだアーチストでもあります。

そういわれて発表写真を見ると、船(第二十八海宝丸)に設置された撮影機材の下に座っているのは確かに道有さん。なお、操船している方が着ているのは〈唐桑御殿〉をモチーフとした〈GOTEN〉Tシャツですね。

今回のプロジェクトは、三陸地方の今後の復興のあり方を考えるうえで、大変に意義のあること。グーグルさん、ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

グーグルジャパン公式ブログ6月18日配信記事
この公式ブログには菅原気仙沼市長と斉藤道有さんのコメントも紹介されています。
スポンサーサイト



テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 斉藤道有 海からのストリートビュープロジェクト グーグル

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示