目黒さくら祭報告

このブログでも紹介した、土日曜日の〈目黒イーストエリア桜まつり〉と中目黒の〈ナカメアルカス春祭り2014〉の報告です。

鈴木徳一君らは例年どおり土曜日に、私夫婦と菊田裕美君、熊谷薫君は日曜日に出かけました。日曜日の午後は雨が降ったりやんだりというあいにくの空模様。

目黒の田道広場公園はかなりの人出でした。中央のテント下にテーブルと椅子が置かれ、その近くに気仙沼産品の販売ブースが設営されていました。今回は佐々木徹君の上京はありませんでしたが、あさひ鮨の商品は前日で完売とのこと。私たちも早速買い物。〈斉吉商店〉さんの〈だし〉や魚町のご近所だった〈ケイ〉さんのつくだ煮などを購入。

目黒買い物 中目黒へ
左)目黒の会場で買い物 右)目黒川沿いに中目黒へ

気仙沼は6日が市議選の告示日となり選挙戦が開始になったこともあって、気仙沼からの上京スタッフは例年より少なかったようですが、多くのボランティアの方々がお手伝いしていました。

テント下でビールを飲みながら、なんやかやとみんなで話をした後は、目黒川沿いに桜をながめながら中目黒へ。ナカメアルカス広場でも気仙沼産品の販売ブースが設営されていました。見知った学生さんもお手伝い。

雨が本降りになっており、お客さんが建物内で雨宿りしている状態でしたので、私たちも早めにひきあげ。目黒も中目黒も、桜は少し葉桜になりかけていましたが、なんとか花見気分を味わうことができてなによりでした。

いつものことながら、ボランティアの方々など、関係者の方々にお礼を申し上げます。ありがとうございました。以上、簡単ですが桜まつりの報告ということで。
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 目黒 さくら祭

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示