気中 31回生さん

3月24日のブログ「八日町やまざきや」に、〈気中31回生 3年11組 20番〉さんからコメントを頂いています。気付かない方もいると思いますので、下記に再録します。まずは、リヤカー屋台についての三陸河北の記事の紹介から始まります。

「りっつあんについては、下記の記事がヒットしました。 2009年の三陸河北からの引用です。

◎懐かしいねリヤカー屋台復活

(前略)もう一台は駄菓子やおもちゃの屋台「十円店(みせ)」にする。十円店は昭和30?40年代に市内を巡回したリヤカーで、子どもに大人気だった。当時とは交通事情や物価が大きく異なるため巡回や10円均一販売はできないが、10円の駄菓子や、平成のベーゴマ「ベイブレード」の販売、懐かしいおもちゃの展示を行う。木製の看板は市内に住む初代「十円店」経営者の三浦理一さんに書いてもらった。 (後略)記事引用は以上

いろいろレスを付けたい記事は多いのですが、なかなかできません。(笑)前の記事、『昭和27年の内湾』で27年と言う年は、たけちゃんたちが初出場を勝ち取るまでは、一番甲子園に肉薄した年で、当時は宮城、山形と福島の3県の代表校で南東北代表を決定しました。

気高は、県大会決勝で仙台二高に敗れましたが、ともに宮城代表となり、気高は山形南と決勝を戦い1-2で惜敗。後一歩で出場を逃しています。

ただ、この年は山形・宮城の共催で国体が行われ、気高は宮城代表で出場し、第3位となってます。当時はベスト4にとどまらず、3位決定戦をしていたようです。

熊谷猛郎さんは、気高の監督もされていますが、私たちが1年の時に投手コーチのようなかたちでチームに関わっておりました。その時の監督はこのブログにもたびたび紹介されていた貝塚晴一さんで、甲子園出場をピークに、ベスト4常連がベスト8、3回戦と下降をたどる昭和50年頃に就任され指揮を執っていました」

コメントの引用は以上です。以前にも何度かコメントを頂いているのですが、いつも実に詳しいし、面白い。

〈気中31回生 3年11組 20番〉さん、ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 気中31回生

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちわ。

記事に取り上げてもらってありがとうございます。恐縮します。

先輩のように、定期的に欠かさずブログアップすることに比べれば遥かに及びませんが、日々精進いたします。

横綱昇進の口上のようになってしまいました(笑)



プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示