高校生の夢を支援

2011年の震災後から毎年おこなわれている「気仙沼 メッセージ鯉のぼり」をご存じでしょうか。鯉のぼりの形をした白い布に、支援者の皆さんのメッセージや絵を描いてもらい、年に一度、気仙沼で掲揚しようというもの。賛同くださった方々から鯉のぼり一匹につき千円からのご支援をいただいて活動を行っています。今年のメッセージ鯉のぼりは4月下旬に紫市場で掲揚予定です。

皆さんからの賛助金は、鯉のぼり掲揚の活動にかかった費用を差し引いて、気仙沼の復興に役立てられます。2011年は約64万円を気仙沼市へ、そして2012年約39万円、2013年約74万円は〈鹿折復幸マルシェ〉を通じて鹿折地区の復興のために役立ててもらったそうです。そして4年目となる今年は、気仙沼の次代を担う高校生の夢の実現を支援するとのこと。これは、気仙沼の高校生から実現したい夢を募集し、審査の上で支援するという企画です。

高校生チラシ修正
高校生からの夢募集案内(クリックで拡大)

詳しくは公式サイトをご覧いただきますが、要点を紹介しておきましょう。

 気仙沼の高校生応援企画
「キミの夢、応援します!」

◎応募条件
 気仙沼市在住の現役高校生に限ります。
 最終面接(4月26日午後~)に気仙沼市南町紫市場にお越し頂ける方
 支援金を使っての活動内容を写真や文章で報告して頂ける方
◎応募期間
 2014年2月11日~4月11日まで
◎贈呈式
 2014年4月27日(予定)気仙沼市南町紫市場
◎お問い合わせ
 気仙沼 メッセージ鯉のぼり事務局
 message.koinobori@gmail.com
◎エントリー
 公式サイト中のエントリーページからお願いします。

メッセージ鯉のぼり2014公式サイト
公式フェイスブック

この活動の代表は、気仙沼出身の畠山雅枝さん。実家は気仙沼〈斉吉商店〉さんです。こうした支援活動を継続して4年目を迎えるというのはなかなかできることではありません。頭が下がります。そんな主催者そして支援者のご厚意に応えるためにも、気仙沼の高校生から多くの応募があればいいなと思っております。お子様やお知り合いに、支援にふさわしい夢を持つ高校生がいたならば是非この企画を教えてあげてください。締め切りは4月11日。どうぞ、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 メッセージ鯉のぼり

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示