fc2ブログ

昭和9年の草競馬

2月16日のブログで、現在は気仙沼高校の敷地となっている場所での草競馬写真を紹介しました。『目で見る気仙沼の歴史』(昭和47年 気仙沼ライオンズクラブ発行)に掲載されていた写真で、撮影は大正5年(1916年)。

2月16日ブログ「中納言原の草競馬」

このブログ投稿の直後、『目で見る気仙沼の歴史』に別の競馬会写真があることに気づきました。本日はその紹介を。

まずは「九条住宅入口の草競馬」の写真から。


草競馬
『目で見る気仙沼の歴史』より


説明文を引用します。「気高の校庭とは別に、九条住宅入口の小山正明(前原)、かやの実保育所、放送局の中継所にかこまれた一画で、昭和初期、さかんに草競馬が開催された。昭和9年。」(引用は以上)

昭和9年(1934年)ということは「中納言原の草競馬」写真の18年後ということですね。〈前原〉とあるのは屋号でしょうか。この写真は『気仙沼市史』にも掲載されています。

もう一枚の写真はこれです。「賞品席」。


賞品席
『目で見る気仙沼の歴史』より


説明文は、「賞品席にいるのは、右から木田豊吉前気仙沼漁協組合長、小野寺良助元小野良組社長」。

この2枚の写真は同じ競馬会のものとみてよいでしょう。市史の記述を参考にすると、昭和9年(1934年)4月28・29日開催の競馬会と思われます。

小野寺良助さんの名前が登場しましたね。

◎気仙沼競馬会/小野寺良助会長

市史によれば小野寺良助さんは、気仙沼競馬会の会長として、中納言原(現・気仙沼高校敷地)が使えなくなった後の競馬場用地の確保にあたったとのことです。なお、昭和9年の競馬は、場所が変わっているものの、「中納言競馬」という通称は残ったようです。ちょっとまぎらわしい。

もうひとつまぎらわしい話を記しておきましょう。気仙沼市史の競馬に関する記述では複数箇所で「小野寺良助」ではなく「小野寺良亮」となっているのです。「亮」は「すけ」とも読みますね。別表記があったのかもしれません。そうした市史における競馬の記述は後日に。

小野寺良助さんは明治22年生まれです。上の写真にうつる「小野良」さんは45歳ぐらいということでしょう。

小野良組の初代社長である小野寺良助さんについてはつぎのブログに記しております。お手すきのときにでもお読みいただければと。

2020年9月4日ブログ「小野良組100周年」
2020年9月7日ブログ 萬有流転「小野良」

小野寺良助さんの息子さんで小野良組の3代目社長をつとめた小野寺良正さんが、岩手県水沢競馬のヒーローともいわれた「メイセイオペラ」の馬主だった話はまた別の機会に。「メイセイオペラ」は、地方競馬所属ながらJRA/中央競馬GIレースで勝利した唯一の競走馬です。

今週はこれにて。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 草競馬小野寺良助

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示