FC2ブログ

気仙沼大島PR映像

気仙沼大島の〈海の玄関口〉ともいうべき浦の浜地区に整備されたウェルカム施設は3月8日に供用を開始しました。しかし、新型コロナ感染予防のため、予定されていたオープンイベントは中止となり、関係者の皆さんはさぞかし残念だったことでしょう。

この施設は市が整備した観光拠点「大島ウェルカムターミナル」エリアに建設されました。同エリアには、民間の観光集客施設「野杜海(のどか)」が昨年7月にオープンしています。

ウェルカム施設のオープンを伝える3月10日の三陸新報の記事に〈東日本大震災の記憶や観光情報の発信をおこなうモニターも設置され、気仙沼市出身で東京都在住の若手クリエイターや島民が共同で制作したPR動画を流す〉とありました。どのような動画だろうと思っておりましたが、本日紹介するのがたぶんその映像でしょう。YouTubeでウェルカム施設オープンの前日、3月7日に公開されています。「気仙沼大島観光PR ~夏秋~」。3分18秒の映像です。





YouTubeの説明文を以下に引用させてもらいます。

〈宮城県気仙沼にある大島は「緑の真珠」と呼ばれ、気仙沼湾に浮かぶ東北最大の離島です。2019年気仙沼大島大橋(鶴亀大橋)が開通し、気軽に大島に渡ることが出来るようになりました。

気仙沼大島は自然が織り成す美しい景色と人のあたたかさが魅力です。

おすすめの観光スポットは、環境省が制定した快水浴場百選に選ばれた「小田の浜海水浴場」。南国の雰囲気が漂う青く透き通った美しい砂浜のビーチです。夏は海水浴を楽しむ人で賑わい、SUPやカヤックのアクティビティを楽しむことができます。

また気仙沼大島は釣りのスポットとしても人気が高く、毎年大規模な釣りの大会も開催されます。漁業が盛んで季節ごとに、新鮮な海鮮を味わうことができます。

大島の北側に位置する「亀山」は、山頂の展望台から、リアス式海岸が大パノラマで望むことができます。美しい日の出や夕日、夜には満天の星が広がり、天の川や流れ星を見ることができます。自然が創り出す絶景を眺めながら、キャンプや山歩き をするのも大島の醍醐味です。

海での暮らし、ゆるやかな時間、島ならではのあたたかい人柄が魅力の大島。気仙沼大島でこころおどるときを感じてみてください。〉

Produce by Team83~kesennuma creators~
Producer.Director _ Rina Sasaki
Movie.Drone operator _ Fumiaki Omori

引用は以上。

上記内容の末尾に制作クレジットが示されていました。TEAM83は、気仙沼出身のクリエイターチームとのこと。クレジットに英文で記されていたお二人は、佐々木理奈さんと大森文暁(ふみあき)さん。同チームのサイトによれば、1983年生まれの同級生を中心に活動しているそうです。チーム名にある 「83」は1983なのですね。

沖縄料理店TEN(T) の熊谷泰平さん、石渡商店常務の石渡康宏さん、階上(はしかみ)地区のいちご農家/三浦拓也さん、パティシェ畠山和也さんらのお名前がありました。

沖縄料理店「TEN(T)(テント)」は、魚市場前の「みしおね横丁」のなかにあります。そして熊谷泰平さんがシンガーソングライター熊谷育美さんのご主人であることは皆さんご存じのとおりです。

そうしたことなどを知ったうえで、このPR映像を見てみると、気仙沼で育ったいろんな人が、〈気仙沼〉というステージでいろんなことをやっているんだなあと感じます。

今回の映像は、夏秋篇。大島の冬と春をどのように見せてくれるのか、それも楽しみです。TEAM83の皆様、どうぞよろしく。

3月17日ブログ「大島にウェルカム」

 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 気仙沼大島 TEAM83

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/68~69歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示