FC2ブログ

市内初感染者報道

きのう4月7日の三陸新報 第1面トップ記事は、気仙沼市内初となる、新型コロナウイルス感染者確認についてでした。4月5日の発表ですから、通常であれば翌日6日の記事掲載となりますが、同紙は月曜休刊のため6日の記事となりました。


三陸紙面

三陸新報4月7日記事の一部イメージ


記事の内容は県の発表に基づくものですので、4月6日のブログで紹介した内容と大きな違いはありません。個人情報ということもあるので、抑制的というか注意深く扱っています。受診や入院した医療機関もあくまで県内とし、市内との特定はなし。仕事で出かけたのも、あくまで関東方面です。

きのう4月7日に、気仙沼市から「 新型コロナウイルス感染者等に関する情報について (市長よりお願い)」という次の内容の記者発表がなされました。

■「市内で発生した新型コロナウイルス感染者等に関し、県発表以外の真偽不明な情報がSNS等を通じ拡散しております。
■ 担当保健所(県)に確認したところ、「患者からの聞き取りにより、立ち寄り先、接触相手、接触状態を可能な限り把握し、新たに感染が拡大しないよう、必要に応じ相手方個人や個店・事業所に必要な対応又は指導をしている。」とのことでした。以上により、個人の特定に繋がること、個店・事業所の風評被害に繋がるような発信については厳に慎んでいただくようお願いいたします。(発表内容は以上)

気仙沼の皆さんの心配は、接触の可能性でしょう。県内の医療機関というのはたぶん市内だろうがどこだろう、入院したのは市立病院だろうか、といったようなこと。

三陸新報の記事や県の発表内容を総合するとつぎのようなことです。

感染が確認された40代の男性は、3月24日〜28日まで車を使い関東方面に仕事にでかけていました。気仙沼に戻った3月29日に発症。それ以降は、自宅とは別の市内の実家で療養。受診以外は外出なし。

4月1日に気仙沼保健所内の帰国者・接触者相談センターに相談。同日、県内の医療機関Aを一般受診しました。記事によれば、この時点ではインフルエンザ陰性で風邪と診断。一般患者と同様の受診になったのは、この時点でセンターが相談内容からPCR検査の対象にならないと判断したためとのこと。

4月2日には、別症状のために医療機関Bを受診しています。三陸新報の記事では〈新型コロナとは別の症状〉としています。

しかしその後も症状が改善しないため3日にセンターに連絡。咳が出始めた4月4日に帰国者・接触者外来(場所などは非公表)を受診しました。記事によればこの時点でPCR検査を受けて、翌5日午前に陽性が判明。同日、県内の感染症指定医療機関 に入院しました。

以上のような経過です。

こうした報道に接して、自分は感染したくないと思う人も多いと思いますが、すでに感染しているという意識も必要かも。

私と家内が昨年末にかかった風邪がなんか今までにない感じのものでした。そして現在の心境を申し上げれば、その風邪が新型コロナ的なもので、すでに免疫ができていればいいなと。希望的な観測ですが。

感染そのものを必要以上に恐れる必要はないでしょう。しかし、感染に気づかずに高齢者をはじめリスクの大きな方にウイルスを移すことがこわいなと。

潜在的な感染者のつもりで行動しようと思っております。どうぞよろしく。

宮城県4月5日 記者発表資料
4月6日ブログ「気仙沼でも感染者」
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/68~69歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示