FC2ブログ

仮設住宅退去完了

今日は4月1日。これまでとはずいぶん違った世相のなかで迎える新年度です。

3月28日の三陸新報に気仙沼市の応急仮設住宅に関する記事が掲載されていました。3月26日で市内すべての退去が完了したとのこと。


仮設住宅退居完了
三陸新報3月28日記事の一部イメージ


記事によれば、反松公園住宅に入居していた最後の1世帯が引っ越しを終えて3月26日に鍵を返還したことで、すべての退居が完了しました。

市内には、東日本大震災後、93の住宅団地と3つのグループホームに3504戸(うちグループホーム45戸)が建設されたそうです。

もっとも多い時期(2012年1月18日)には、3360戸に3155世帯、8288人が入居したそうです。(三陸新報の記事では最も多い時期を2011年1月18日としていますが、もちろんこれは誤記で、市の広報資料によれば2012年同日です)

小中学校の校庭開放などを目的に2013年度から仮設団地の集約化と県による解体を並行して実施してきました。そして25あった集約拠点団地のうち、気仙沼公園と反松公園の2団地が残り、昨年末時点で5世帯が入居していました。しかし、今年に入って順次、退居が進み、3月26日の全世帯退去完了となりました。

応急仮設住宅の入居はゼロになったものの、みなし仮設住宅は残り、市内の2世帯と盛岡市の1世帯が新年度も入居を続けますが、来年度中には住宅再建が完了し、退居する見込みとのことです。

最後に残っていた5世帯は、土地区画整理事業による土地造成工事を終えた南気仙沼地区での自宅の再建などを進めてきた方々です。仮設住宅からの退去は、新しい住まいへの入居ということでもあるでしょう。

関係者の皆さま、ここに至るまでが本当に長かったですね。お疲れさまでした。ご苦労さまでした。ありがとうございました。

2017年8月9日ブログ「仮設住宅入居者数」
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 仮設住宅

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/68~69歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示