FC2ブログ

ワカメの季節到来

気仙沼市の菅原市長がツイッター投稿をはじめたのは昨年10月1日のことでした。そしてこれまで毎日、時には複数の投稿を休むことなく続けています。忙しいなか大変だと思うのですが、話題も市の行政的な内容から季節の話題などバランスがとてもいい。

自分で撮影したと思われる写真もなかなかのものですが、最近は動画の投稿も始まりました。本日はふたつの動画投稿を紹介します。

まずは2月14日の投稿から。海藻の松藻(まつも)を紹介しています。


ふたつめは2月15日の投稿。今度はメカブ。ワカメのいわば「根っこ」にあたる部分です。


菅原市長も書いていますが、これを好みの大きさに刻んで食べたり、しゃぶしゃぶにしたり。おいしいですよね。大好きです。東京でもスーパーなどで手にはいりますが、あの濃い茶色のメカブがゆでるとこんなに鮮やかな緑になることを知らない人も多いかもしれません。

気仙沼では、養殖ワカメの収穫が最盛期を迎えているとのことです。ヤフーニュースが2月13日に配信した東日本放送テレビニュースでも、そのボイル作業などが紹介されています。そのなかに、階上(はしかみ)のワカメ生産者/藤田商店の藤田純一さんの姿がありました。

藤田さん
東日本放送テレビニュース画面より


今年のワカメの生育状況を聞かれての答だと思うのですが、藤田さんは「例年よりほんとにあの〜色つやもよくて、やっといまおがりについてきたんで、これがらほんとに期待しています」と。

「やっと今おがりについてきた」。「おがってきた」ではなく「おがりにつく」。気仙沼のワカメ生産者にとっての専門用語/テクニカルタームですかね。ニュース画面の字幕では(育ってきた)と。

久しぶりに藤田純一さんの元気な様子に触れて、気仙沼のワカメシーズンの到来を感じることができました(笑)。

2019年1月16日ブログ「ワカメの藤田さん」
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示