FC2ブログ

海を渡る「海神様」

気仙沼版〈なまはげ〉といったほうがわかりやすいかな。「海神様」が今年もおこなわれます。まずは今回のPRポスターから。井坪 美喜乃さんのツイートから拝借しました。




1月29日の三陸新報にも紹介記事が掲載されていました。私が面白いなと思ったのは見出しです。「今年は大島にも〝参上〟」。

三陸記事

三陸新報1月29日記事の一部イメージ


なるほどね。気仙沼大島大橋が、昨年4月7日に開通したことで、海神様も船をつかうことなく、大島に渡ることができるようになりました。

記事によれば、この「海神様」は市民有志でつくる甚六鬼の会(鈴木賢司代表)が1987(昭和62)年から始め、今年で34回目。2月15日当日は、魚町の五十鈴神社で魂入れを行った後、午後1時ごろに神社を出発します。神社での市民や親子の見学も可能とのこと。

訪問を希望する家庭や福祉施設、事業所などの申し込みの締め切りは2月10日(厳守)。問い合わせは、ポスターにも記載がありますが、事務局(小山 090-5235-6641、三浦 090-9533-5429)までとのことです。


「海神様」をおこなっている「甚六鬼の会」の発起人が故 小山隆市君(3年6組)であることは多くの同級生が知るとおり。はじめは3人の仲間ではじめたそうです。それがもう34回を数えるまでになりました。甚六鬼の会、そして協力者、関係者のご努力に敬意を表します。

なお、ポスターの「海神参上」の書は武山櫻子さん(3年9組)によるもの。右下にある「櫻」の雅印がその証しです。訪問先に配る木札への揮毫なども櫻子さんが協力しているはずです。いつもありがとうございます。

今年、大島からも訪問希望があって、海神様が無事に大島大橋をわたることができるようにと願っています。

4年前、30回目の海神様や隆市君のことなどを下記のブログで記しております。

2016年1月18日ブログ「30回目の海神様」
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示