FC2ブログ

海保が7人を救助

きのう8月28日(水)のお昼前、ネットでの映像ニュースから〈宮城県漁協唐桑支所所属の第38順栄丸〉という船名が聞こえてきました。気仙沼市唐桑町の漁船が釧路沖で転覆し、乗組員7人全員が救助されたというのです。ヤフーニュースでも日テレNEWS24の映像が配信されました。

漁船遭難

日テレNEWS24/8月28日配信画面より


配信記事を引用します。

「 北海道の釧路沖で28日朝、宮城県の流し網漁船が横波を受けて転覆した。海上保安部が捜索にあたり、乗組員7人全員を発見し、無事救助した。救助されたのは、宮城県漁業協同組合唐桑支所所属のカジキ流し網漁船「第38順栄丸」に乗っていた、日本人3人とインドネシア人実習生4人のあわせて7人。

午前7時20分ごろ、仲間の漁船から「操業中に第38順栄丸と連絡がとれなくなった」と海上保安部に通報があった。その後、海上保安部の巡視船と航空機による捜索活動が行われ、午前9時半ごろ、釧路沖およそ110キロの海上で転覆した船の上にいる乗員7人を発見したという。

その後、午前11時10分ごろ、乗員7人は海上保安部の巡視艇に無事救助された。7人は命に別条なく、午後3時ごろまでには釧路港に戻る予定。」(引用は以上)

ほかのニュース報道などを総合すると、28日午前6時半ごろ、第38順栄丸から僚船に「浸水して危ない状態だ」と連絡がありました。そしてその後、連絡がとれなくなったことから海上保安部に通報したとのこと。上の海保提供画像にうつる転覆した船の上に見える赤や緑色などが漁船員でしょうか。とにかく無事に救助されて本当によかった。

乗組員7人のうち4人はインドネシア実習生だといいます。8月20日のブログ「みしおねの礼拝所」でイスラム教徒のための礼拝所を紹介したときに、気仙沼市内にはおよそ300人のインドネシア人が暮らしていると記しました。同国の仲間達も全員救助の報を受けてホッとしたことでしょう。

仲間の漁船関係者、そして第1管区海上保安本部をはじめとする救助関係の方々、ありがとうございました。お礼を申し上げます。

8月20日ブログ「みしおねの礼拝所」
8月26日ブログ「アル・ラウダー」
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 第38順栄丸

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示