FC2ブログ

エゾシカのスープ

きのう8月26日夕方の谷真海さんのツイート。NHK「きょうの料理」に義父の谷昇シェフと少し出るとのお知らせでした。テーマは「アスリートを支えるチカラめし」。

ツイッター


昨日と本日の放送はおわってしまいましたが、8月30日(金)午前10:15〜10:40(NHK総合)の再放送があります。是非ご覧ください。私はきのうの放送を見ましたので、本日はその紹介を。

谷昇さんは、東京・神楽坂のフレンチレストランのシェフだったのですね。番組では、真海さんが大事な大会を控えている時期に体調を崩していたときに谷昇さんがつくってくれたエゾシカのコンソメスープが紹介されます。真海さんは、一昨年のアジア大会でおなかをこわして帰国しました。一週間後に大事な試合を控えているのになにも食べることができません。そこに届いたのが谷シェフのコンソメだったのです。

NHKのサイト「みんなのきょうの料理」に、フランス料理の講師のひとりとして谷昇さんが紹介されていました。

谷昇さん:東京・神楽坂にあるフランス料理店「ル・マンジュ・トゥー」のシェフ。六本木の「イル・ド・フランス」からフレンチの世界に入る。1976年、1989年と2度フランスへ渡り修行。帰国後、複数の店ででシェフを務めたあと、1994年に「ル・マンジュ・トゥー」をオープン。ミシュランガイドTokyoに3年連続掲載される。

話がちょっと横道にそれますが、この経歴をみてちょっと驚きましたた。私は六本木「イル・ド・フランス」に大学生のときにいったことがあるのです。友達と武道館で(「カントリーロード」で知られる)ジョン・デンバーのコンサートをみたあとに誘われていきました。六本木通りに面していて、たしかフランスパンなどで人気のあった〈ドンク〉の地下1階。当時の有名店です。裕福な友人がおごってくれたのですが、ちゃんとしたフランス料理の店など初めての体験でした。たぶん緊張していたと思う。そしてはじめてウサギの肉を食しました。鶏肉のササミみたいな味でした(笑)。

話を戻すと、ほかのサイトでも谷シェフについて多くの賛辞がならんでいます。テレビ画面でみた谷昇さんは、きさくでとても優しい感じ。笑顔も素晴らしい。真海さんへの特製コンソメは豊富な滋養ばかりか大きな愛情にも満ちていたことでしょう。

いくつか放送画面をご紹介。



2_20190827120746434.jpg

3_20190827120745d9d.jpg


1枚目の画面にうつっている言葉は、〈Be Safe Have Fun Go Fast〉。安全に 楽しく 速く。気仙沼出身のアスリート谷(佐藤)真海さんは2020年東京パラリンピックにパラトライアスロンでの出場を目指しています。気仙沼の人たちもその活躍を期待し、応援していることでしょう。

1月8日ブログ「東京パラを目指す」
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 谷真海 谷昇

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示