FC2ブログ

一本釣り初水揚げ

きのうのブログで読売新聞6月29日夕刊(東京)の記事を紹介し、そのなかで1日には久しぶりの水揚げがあったと記しました。そして夜の同紙夕刊を見ると、つぎの記事が掲載されていました。〈気仙沼カツオ 久々水揚げ〉。

読売

読売新聞7月1日夕刊(東京)より


5月半ばから水揚げゼロが続いていた気仙沼漁港で1日早朝、1か月半ぶりにカツオ26トンが水揚げされたとの記事。しかしなんというかすごいね。土曜夕刊に続いて月曜夕刊でも気仙沼のカツオがとりあげられるとは。〈気仙沼カツオ〉と一語での扱いにもちょっと驚いた。

この1カ月半ぶりのカツオ水揚げは、読売新聞や河北新報の配信記事のほか、ミヤギテレビのニュース映像を日テレNEWS24でも配信していました。

日テレNEWS24/7月1日配信映像


そして本日7月2日、気仙沼の地元新聞「三陸新報」は1面トップで。

三陸
三陸新報7月2日記事より


見出しは〈お待たせ!初入港〉。1か月半ぶりということよりも、今季初の一本釣り船によるカツオ水揚げだったことを大きく伝えています。

記事によれば、気仙沼魚市場への一本釣り船初水揚げは、昨年(5月18日)より1カ月半ほど遅いとのこと。記録が残る平成元年(1989)年以降では、大震災のあった2011年(7月13日)を除き、最も遅い水揚げとなったそうです。サイズは小が多かったものの、前日に漁獲した「新口」が7割。入札では品薄ということもあって1kg当たり平均で475円の高値となりました。

感謝の気持ちを込めて、漁船名を記しておきましょう。いずれも宮崎県日南市の一本釣り船で、第15事大丸、第5青龍丸、第55良福丸の3隻です。皆様、ありがとうございました。

第15事大丸の酒井俊一漁労長は、「小さいながら北上している群れはある。気仙沼のためにもなんとか頑張って取り、水揚げしたい」と話してくれたそうです。

どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示