FC2ブログ

芸術文化市民の会

5月8日の三陸新報に、気仙沼の「リアス芸術文化市民の会」に関する記事が掲載されていました。同会がこのほど、リアス・アーク美術館にこれまでの益金の中から現金100万円と備品(50万円相当)を贈ったとのこと。


リアス文化

三陸新報5月8日記事の一部イメージ


「リアス芸術文化市民の会」の現会長は気中同級生の昆野牧恵さん(3年11組)です。同会の寄付を伝える記事と思って読んでいたら、もうひとつの大事なことが記してありました。「リアス芸術文化市民の会」は大震災以降の活動を休止していましたが、会員の高齢化や転出などで継続を断念し、4月の総会で解散を決めたというのです。

記事によれば同会は、2003年にリアス・アーク美術館での「星野富弘 花の詩展」開催をきっかけに発足。市民が素晴らしい文化・芸術に触れるきっかけをと、2006年「いわさきちひろ展」や2010年「子供伝承芸能発表会」などを開催してきました。

記事の写真で、リアス・アーク美術館の佐藤光一館長に目録を手渡しているのは、初代会長の畠山ヨシ子さんです。後ろに控える4人の左端が現会長の昆野牧恵さん。記事には牧恵さんのコメントが紹介されていました。「活動を続けたい思いはあったが、現実には難しい。展示会のメイン会場として活動を支えてくれた美術館のために役立ててもらいたい」と。

写真にうつっているのは5人の方々でしたが、リアス芸術文化市民の会の活動を支えてきた多くの会員、関係者がいらっしゃることでしょう。そのすべての皆様に敬意を表するとともに、御礼を申し上げます。16年間にわたるこれまでの活動、ありがとうございました。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : リアス芸術文化市民の会 リアス・アーク美術館

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示