FC2ブログ

まだ帰らぬ皆さん

一昨日の12月11日夜、テレビ朝日「報道ステーション」から〈気仙沼〉という言葉が聞こえてきました。10月に市内の岩井崎付近で見つかった佐藤才子さんの遺骨がこの日、夫の信行さんに引き渡されたとのこと。急ぎ撮った画面です。


佐藤信行さん

テレビ朝日「報道ステーション」12月11日放送画面


ネットで調べると、多くのテレビ局、新聞がこれを伝えていました。12月12日配信の読売オンラインによれば、10月24日に防潮堤工事の作業員が発見した後、警察署員らが捜索したところ、ほぼ完全な形での遺骨そしてエプロンや長靴などが見つかったそうです。

〈DNA鑑定の結果、今月4日に才子さんと確認。骨が見つかった海岸は、佐藤さん夫婦が住んでいた同市杉ノ下地区から約900m離れていた。才子さんは自宅から指定避難場所の高台に向かったが、途中で津波に流され行方が分からなくなっていたという〉そして〈妻と7年9か月ぶりの再会となった信行さんは、「苦しかったろう、つらかっただろう、悔しかっただろうと声をかけた。7年以上かかったがようやく帰ってきてくれてうれしい」と声を震わせた〉

私の心にしみたのは、上に紹介した画像にもある〈まだ帰らぬ皆さんには申し訳ないんですけど〉という信行さんの言葉です。ご夫婦が暮らしていた杉ノ下地区では多くの人が津波の犠牲になりました。いまだ行方不明の方も沢山いらっしゃることでしょう。そのことを思い起こしたのです。

月命日12月11日。遺骨の引き渡しが行われた気仙沼警察署。多くのメディアに囲まれたなかで佐藤信行さんの複雑な心境と共に語られた亡き奥様を思う言葉を聞くのがつらかった。

佐藤才子さんのご冥福を心からお祈りいたします。宮城県警によれば、いまだ残る県内の行方不明者は1220人とのことです。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 杉ノ下 岩井崎

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示