FC2ブログ

「亀の湯」閉店へ

1月20日の三陸新報に気仙沼の銭湯〈亀の湯〉が3月に閉店するとの記事。

1:20亀の湯2
三陸新報1月20日記事の一部イメージ

三陸新報サイトでもニュースを紹介していたので、その記事から一部を引用します。

「 気仙沼市魚町で、地域住民や漁船員などに親しまれてきた銭湯が3月末に閉店。131年の歴史に幕を下ろす。土地区画整理事業内(小田註:事業対象地区内ということですかね)にあって、新たな建設費用などを考えると、営業を続けていくのは難しく、店じまいを決めた。利用者からは惜しむ声が上がる。
 亀の湯(齊藤克之代表)は、1886年創業の老舗銭湯。戦後、多くの飲食店が連なった太田はじめ、魚町、陣山地区や、漁業基地である気仙沼港に水揚げした漁船の乗組員らが疲れを癒やし、肌が触れ合う社交場としてにぎわった。」(引用は以上)

創業した1886年は明治19年です。その頃の銭湯というのはどんな感じだったのか。また、亀の湯付近を入口として多くの店が連なっていた太田料飲街の明治時代の風景などにも興味がわくところです。

亀の湯には小学校あたりのときに1〜2度使ったことがあるぐらいです。少年野球大会の後にみんなで入ったとか、そんな感じ。むしろ小さなころの銭湯の記憶は〈森広〉(もりひろ)。南町の〈イコーレ〉があった場所にありました。近くにはしだれ柳の木。そのほか、南町の(煎餅坂に移る前の)海岸郵便局があったあたりにも銭湯がありましたね。

震災後の〈亀の湯〉の復活はテレビや新聞でもずいぶん紹介されました。多くのご支援もありました。そしてその歴史にも幕。魚町の土地区画整理事業がいよいよ本格化ということなのでしょうか。自分が生まれ育った魚町がどんどん変わっていきます。東京で暮らす者の郷愁とは知りつつも、新聞の記事や広告のなかに〈閉店〉という文字を見るとちょっとさびしくなるのです。
スポンサーサイト



テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 亀の湯

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示