FC2ブログ

汽船乗り場の津波

7月18日のブログ「気仙沼の映画館史」について、一年下の曽根さん(このブログへの投稿名は「エーノス」さん)からメールをもらいました。曽根さんも、「鼎座」「旭」、そして「東映」「南映」、さらに「第2東映」のこともよく覚えているそうです。鹿折の映画館については、その経営者で〈活動弁士〉だった小松さんという方の孫が同級生で、彼はその鹿折の映画館も「鼎座」と呼ばれたと語っていたそうです。

曽根さんのメールに写真が添付されていました。54年前 1960(昭和35)年5月24日のチリ地震津波のときの汽船乗り場です。以前このブログで紹介した津波被災写真と同じく『目でみる気仙沼の歴史』に掲載されていたもの。

レストハウス前

この場所は、震災前でいえばエースポート前というか喫茶〈亜紀〉の向かい側。この場所に〈レストハウス〉が建設されたのは津波の5年後1965(昭和40)年。さらに〈エースポート〉として開設されたのは、1984(昭和59)年のことです。

この写真で懐かしいと思ったのは、牡蠣筏(いかだ)の樽。筏の浮きとして使われていました。たしか腐らないようにコールタールが塗られていたのではないでしょうか。それと〈汽船〉という言葉。〈汽帆船タクシー〉か〈汽船タクシー〉というのもあったような気がする。曽根さんの実家は、この向かいにあった魚屋さんの〈唐桑屋〉。ですから、魚町や南町の古い写真には、ことのほか郷愁を誘われるようです。ま、私もですが。

曽根さんは、同級生若山君(「紅梅の前にあった甘太郎のせがれ」とのこと)が持っていた『目でみる気仙沼の歴史』でこの写真を目にしたようです。〈甘太郎〉という言葉にもそそられますが、これはまた別の話。

曽根さんはもう一枚の写真を送ってくれていますが、これは日をあらためて紹介します。曽根さん、ありがとうございました。

6月4日ブログ「チリ地震津波写真」
スポンサーサイト



テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 目で見る気仙沼の歴史 チリ地震津波

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示