FC2ブログ

NAMIとUMI

11月8日のブログで、気仙沼漁師カレンダーがサン・アドの制作と知ってびっくりと書きましたが、夏にも同じようなことがありました。同級生小山(斎藤)容子さん(3年5組)の実家〈角星〉さんが7月に発売した日本酒のデザインがKIGI(キギ)によるものと知り驚いたのです。


「NAMI」と「UMI」。角星ウェブサイトより

KIGIは、デザイン会社「ドラフト」で活躍していた二人のアートディレクター植原亮輔さんと渡邉良重さんが昨年1月に独立してつくったデザイン事務所。ドラフトが49%を出資していますからドラフト系列ということですね。ドラフトは、宮田識(みやたさとる)さんが率いるクリエイティブカンパニーで、キリンをはじめ多くの仕事が高い評価を得ています。

角星の新しい商品は、低アルコール純米吟醸酒。その誕生の経緯が、ほぼ日の「NAMIとUMIの物語。」に詳しく紹介されています。物語は角星さんがアンカーコーヒーとほぼ日のコラボ商品を見て、ほぼ日に相談したことから始まります。かつてあった〈まなみ〉という低アルコール純米吟醸酒をリニューアルできないかと。そしてほぼ日さんからJR東日本「行くぜ、東北。」などもてがけたCMプランナー高崎卓馬さん、そしてKIGIへとつながり、すごいプロジェクトチームができあがりました。みなさんがなんと〈ボランティア〉でのお手伝いです。

ほぼ日「NAMIとUMIの物語。」

2カ月ほど前に見たデザイン雑誌にもKIGIの記事が掲載されていましたが、そこにも最近の仕事としてこの〈NAMIとUMI〉が紹介されていました。大変注目されているお二人なのです。こうした人たちへの仕事の依頼は、お金を出せば誰でもできるということではないでしょう。あらためて、縁というものの大事さ、ありがたさを感じます。

最後に 〈NAMI〉と〈UMI〉について高崎卓馬さんが書いたコピーを紹介させてください。

ここ気仙沼は、
それでも海と生きていく。
それでも波と生きていく。
なにひとつ忘れずに、
乗り越えていく。
このお酒がその証になりますように。
ナミとウミ。
美しい姉妹の物語をもった
新しくて飲みやすい
低アルコール日本酒を
どうぞよろしくお願いします。

〈ほぼ日〉さんはじめ、関係者の皆様に御礼を申し上げます。ありがとうございました。

角星オンラインショップ
スポンサーサイト



テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 角星 NAMIとUMI KIGI

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示