FC2ブログ

オイスターソース

気仙沼の牡蠣を用いたオイスターソースが発売されたとのJNN系列(東北放送やTBS)のニュースが、7月16日に放送されました。

オイスターソース
TBS News iニュースサイトの映像イメージ

映像はここからTBS News iニュースサイト(配信終了)

この〈気仙沼完熟牡蠣のオイスターソース〉を開発・販売したのはフカヒレ商品で有名な石渡商店さん。気仙沼の牡蠣が一番おいしい3〜4月のものを〈完熟牡蠣〉と名付けてソース名にも記したとのこと。取材を受けているのは専務の石渡久師さんです。そして、原料となる牡蠣を提供するのは気仙沼市唐桑の盛屋水産。ニュースでは専務の菅野一代さんが登場しています。

「R」のつく月とかなんとか言って冬がおいしいとされる牡蠣ですが、日本の牡蠣は春のほうがうまいということを、〈森は海の恋人〉水山養殖場の畠山重篤さんも著書で書いています。気仙沼湾の旬は3月であると。(『牡蠣礼賛』p30)

ニュースでは、石渡専務が愛媛県大洲市の天然調味料メーカー「仙味エキス」をたずねるシーンがうつしだされています。工場の壁には〈HACCP認定工場〉の文字。HACCP(ハサップ)は、食品製造における衛生管理基準ですが、その認定工場でのエキス抽出・製造は、消費者に安心感を与えるでしょう。取材スタッフの配慮がうかがわれます。

このオイスターソースは1本945円で今回は1万5千本を発売とのこと。首都圏の百貨店や通信販売のほか、気仙沼では南町の復興屋台村「気仙沼横丁」全店でも扱っています。東京では、百貨店や7月5日にオープンした秋葉原の『CHABARA(ちゃばら)』の気仙沼産品販売コーナー〈気仙沼波止場(けせんぬまわーふ)〉でも販売中と聞いています。

オイスターソースはとっても重宝する調味料です。炒飯などでも仕上げにちょっと使うだけで味に深みが出ます。私も秋葉原で手に入れようと思っています。皆さんも是非おためしください。

石渡商店の商品紹介ページ
スポンサーサイト



テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 気仙沼完熟牡蠣のオイスターソース 石渡商店

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示