FC2ブログ

おやじのせなか

朝日新聞9月13日朝刊に、気仙沼出身でロンドン五輪フェンシング日本代表の千田健太さんの写真。私の好きな連載「おやじのせなか」です。見出しには〈競技の師、厳しさの裏に愛〉とありました。


千田健太
朝日新聞9月13日朝刊「おやじのせなか」紙面イメージ(クリックで拡大)

説明の必要もないでしょうが、健太さんの〈おやじ〉健一さんは、日本がボイコットした1980年モスクワ五輪のフェンシング代表でした。

健太さんは、健一さんから「フェンシングをやれ」と言われたことはなかったそうですが、中学で「サッカーじゃ、全国レベルになれないな」と思い、自分で始めたのだそうです。そう打ち明けたとき、健一さんはうれしそうにしたそうです。しかし、それから親子関係はガラッと変わりました。つぎのように語ります。

〈宮城県気仙沼高校2年のとき、父が同じ高校に赴任し、さらにピリピリしました。部活では明らかに自分にだけ厳しく、時には竹刀も飛んでくる。廊下ですれ違っても、目も合わせません。でも、3年のインターハイの後、「周りがついてこないから厳しくした。悪かったな」と明かされ、納得しました〉

健太さんの言葉はつぎのように結ばれています。
〈北京五輪の後、「ここまでの選手になるとは思わなかった」と言われました。厳しかった高校時代は、父もつらかったと思います。でも、本気で息子を育てようと覚悟を決めてくれた。その愛情の裏返しだったと感じます〉

代表に選ばれながらも日本のボイコットによって出場が果たせなかった〈おやじ〉。その夢を息子が立派にかなえてくれました。父・健一さんはどんなにかうれしかったことでしょう。

気仙沼関連のイベントが連続し、記事の紹介が遅くなりましたが、千田さん親子にあらためてお祝いを申し上げたく思います。おめでとうございました。
スポンサーサイト



テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 千田健太 千田健一 おやじのせなか

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示