FC2ブログ

「さんま祭」御礼

きのう16日(日)の〈目黒のさんま祭〉。9時半からの開会式ものぞこうと、ちょっと早めに会場に向かいました。目黒川に近づくと向こう岸にわたって既にものすごい行列です。一番最初にならんだ人は前日の午後8時すぎからとか。

まずは目黒区長や菅原茂気仙沼市長の挨拶など、30分ほどのセレモニー。そして10時、気仙沼の〈どや節〉が披露されたあと、5000尾のさんま焼きが開始されました。そして、来賓が列席する式が終わったあとも、気仙沼の人達への支援金の贈呈などがありました。目黒区の小さな子供たちが気仙沼の人達へと募金してくれたお金や、〈市長室にかざってください〉という言葉と共にサンマの絵も菅原市長に託されました。そしてボーイスカウトからも。本当にありがとう。皆さんのあたたかい気持ちが私たちにも伝わってきました。

子供さんま
大人たちは、左から青木目黒区長、菅原気仙沼市長、松井敏郎気仙沼実行委員会会長、熊谷伸一市議会副議長

私たちは、サンマを食べることは最初からあきらめています。まずは列に並んで手に入れたあさひ鮨の〈さんま姿寿司〉や気仙沼伝統の〈しそ巻き〉などをつまみにビールをいただきました。うまかった。そうこうしていると、気仙沼からの3台のバスで上京したひとり、佐々木徹君(3年1組)が〈さんま寿司はもう完売。去年より早い〉といいながら顔を出してくれました。そして歓談。

さんま祭2012
徹君(左から3人目)を囲んで

会場では、さんまのすり身汁も1杯100円で販売です。これは、さんま祭の人気メニューでしたが、昨年は震災で提供できず、今年やっと復活しました。その販売テントをのぞいてみると、なんと同級生の荒木容子さん(10組)が! 長い長い行列をつくっている大勢の方々にニコニコと満面の笑顔ですり身汁を手渡していました。ご苦労さま。ありがとう。

荒木容子
左が荒木さん

会場の様子は、〈気仙沼さんま寄席〉でも大変お世話になった、ほぼ日刊イトイ新聞(ほぼ日)のテキスト中継を是非みてください。写真も豊富ですし、ていねいにリポートしてくれています。このテキスト中継でも報告されていますが、立川志の輔さんと糸井重里さんもサンマ焼き隊に加わってくれました。

さんま焼き隊
さんま焼きの様子。26mの焼き台に250尾がならびます。煙で先が見えません

「ほぼ日」目黒のさんま祭・テキスト中継

今年3月の〈気仙沼さんま寄席〉に遠くから集まってくださった人達、何時間もならんで気仙沼のサンマを食してくれた来場者の皆様、そしてボランティアをはじめ目黒区や気仙沼市の方々、ありがとうございました。

なにかと世情が騒がしいこのごろですが、目黒のあの善意に満ちた会場にいて、私たちが守ろうとしていることのひとつが、なんていうのか、この感じ、この空気なのではないかと実感しました。

多くの関係者の皆様に御礼申し上げます。

目黒のさんま祭について
スポンサーサイト



テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 さんま寄席 目黒のさんま祭

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示