FC2ブログ

気仙沼6月の風景

先日、佐々木徹君(3年1組)が、魚町の写真を送ってくれました。坂口の私の実家があったところからエースポート方向をながめた写真なのですが、以前は道路をはさんで目の前にあった全漁連の建物がいつのまにかなくなっています。取り壊しを聞いていなかったので、写真をみて大変驚きました。内湾全体が見通せるようになっているのです。

3枚の写真を左から順にならべてみました。
左側が五十鈴神社(お神明さん)、右側が海岸通りです。

魚町合成写真 (クリックで拡大)

徹君のメール内容を紹介します。

〈 徹です。元の明ちゃんの家の前から見た今の風景を送ります。1枚目は、お神明さんを見た画像です。神明さんの脇にあった遠間さんの豪邸の基礎部分だけが残っています。大津波にも流されなかった丈夫な建物でしたが、家の前の道路がなくなってしまったので住むことができませんでした。2枚目は、そこから右の方を見た画像です。川印(昔は全漁連)の冷凍工場の取り壊しも終わり、裏にあったタンクひとつが残っているだけです。3枚目は、さらに右の方角を見たものです。見て分かるとおり本当に何もなくなってしまい、寂しい限りです。魚町の復興計画もいつできるかわからない状態です。とにかく前へ進むだけです 〉

徹君、どうもありがとう。

私の心境もまさに〈何もなくなってしまい、寂しい限り〉なのですが、徹君をはじめ、ここ気仙沼で暮らし働いている人たちは感傷にひたっているわけにはいきません。それを思うと、〈とにかく前へ進むしかない〉との言葉に、いつものことながら、返す言葉がなかなかみつからないのです。
スポンサーサイト



テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示