FC2ブログ

コンペ審査延期

昨日の気仙沼の「さんま寄席」は無事終了というよりも、まさに「大成功」だったようでなによりです。関係者の皆様、そして遠くから気仙沼においでいただいた大勢の皆様、本当にありがとうございました。

さて、一昨日24日に予定されていた「魚町・南町まちづくりコンペ」審査委員会ですが、毎日新聞によれば4月2日までに投票を延長し、その後、審査会を再び開くことになったそうです。住民代表の審査委員が「書類が送られてきたのが2日前。投票しろと言われてもできない」などと反発したことが理由とのことです。

私が気になったのは、菅原市長の「コンペの提案は行政や地元が検討するまちづくりの参考にしたい」との説明。毎日新聞は、〈これに対し一部の住民代表が「提案が素案になると曲解している住民もいる」と指摘するなど、地域との意識のずれも目立った〉と報じています。

私が「コンペ」という言葉に感じた疑問を思い出しました。応募案を参考にするだけならば、ただのアイデア募集ではないですか。住民だけでなく、応募した大学や企業の人達も、〈選ばれた提案が素案になる〉と思っていると思うのですが。

この〈まちづくりコンペ〉、ちょっとごちゃごちゃしていることが気になります。

TBS関連ニュース映像
毎日新聞ニュースサイト
12月30日ブログ「復興計画コンペ」
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 防潮堤 大西隆 東日本大震災復興構想会議 まちづくりコンペ さんま寄席

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示